計算するとオールインワンゲル
ホーム > 注目 > 借入金の元金を減らすめどが立たない

借入金の元金を減らすめどが立たない

必要なお金がないとき、キャッシングを利用したくなりますよね。

 

とはいえ、審査が厳しかったらどうしようと思って、キャッシングを迷う人も少なくないのではないでしょうか。

 

審査に落ちる理由はブラックリストに名前がのってしまっているか、無職で収入がない場合がほとんどです。

 

一定の年収があり、ブラックリストにのったことのない人は、悩むよりもまず、審査を受けてみることをオススメします。

 

消費者金融といったところで借金をしている人が所在不明になった場合、、借りたお金を返す時効はあるのかと疑問に思うことはありませんか?もし、あるのだったら、行方知れずということにして、特定できない場所にひそんで時効が過ぎたら帰ってくると計画する人もいそうだと思うのです。

 

キャッシングとカードローンは、違いがないものだとあなたは考えるかもしれませんが、返済の際に違いがあり、一般的に一括払いなのがキャッシングで、一般的に分割払いなのが、カードローンというような違いがあります。

 

お金を借りたいというときには、カードローンよりも、キャッシングの方が良いかもしれません。

 

キャッシングが短期の小口融資ということに対し、カードローンとは長期の大型融資である点が違います。

 

ですから、キャッシングですと原則として返済は翌月一括払いになりますが、カードローンは長期リボ払いでの返済となります。

 

そのため、金利は一般にカードローンだと高くなります。

 

僕の兄は真面目でしたが、いつのまにかキャッシングしていてけっこう痛い目を見ていたんです。

 

残業が多くて夕飯を外食にすると、つい飲んで、タクシーで帰ったりしていたら、たとえワリカンでもあっというまに金欠状態になり、そのあとはごく普通の流れで過去に一度だけ利用したことのあるキャッシングに手が伸びたんです。

 

一時しのぎにはなるのですが、同じような生活を続けていたので、借入金の元金を減らすめどが立たず、父に相談したらものすごく怒られ、親が肩代わりする形で全額を繰上げ返済したのです。

アイフル増額