計算するとオールインワンゲル
ホーム > 注目 > 不動産を売却するカンタンな流れについて

不動産を売却するカンタンな流れについて

どうにか不動産を売却する手はずが整い、もう契約が成立したものの、やっぱり売りたくない、取引相手を別に探したいなど心境や事情が変わったことで一旦決まった売却を取り消しにしたい場合、契約を破棄してもかまいません。

 

とは言え、違約金の支払いが契約で定められていたり、先に貰っていた手付金を倍返ししなければなりませんから、契約を進めるときは細心の注意を払ってください。

 

自宅や手持ちの不動産を売るなら手始めに、類似物件の不動産価額を知ることが大事です。

 

大枚を払って購入していたとしても、不動産相場というものは常に変わると思って良いでしょう。

 

バブル的な好景気ならまだしも、中古市場はすでに供給過剰ぎみですから、売主が思うほどの価格はつかないものです。

 

かといって損はしたくないですし、相場をチェックして、これなら比較検討してもらえるという価格に設定しましょう。

 

肝心の相場ですが、一括査定サイトで複数の不動産屋に提示してもらえば簡単にわかります。

 

不動産売却を行う際の基本的な流れとしては、始めに不動産会社にコンタクトを取ります。

 

そして、しっかりと物件の査定が実施され、査定額が示されて、どこかの不動産会社を相手に媒介契約します。

 

不動産会社が販売活動を行い、購入したいという人物が現れれば、合意に至るまで価格交渉をしてから売買契約し、清算が終わったことを確認したら抵当権を抹消、退去して引き渡しとなります。

ラココ体験